事業資金の調達方法
【2024年7月最新】おすすめクラウドファクタリング10選!選び方や注意点も解説
logo
ファクタリング【即日スビード資金調達】

クラウドファクタリングについて解説します。

クラウドファクタリングとはオンライン完結型のファクタリングという認識を持っている方も多いですが、実はファクタリング会社のOLTAの商標です。

そのためOLTAのファクタリングのことをクラウドファクタリングといいます。

しかし、一般的にはオンライン完結型のファクタリング全般を指す言葉として解釈されているため、ここではオンライン完結型のファクタリングについて解説していきます。

クラウドファクタリングの特徴やメリットとデメリット、そしておすすめのオンライン完結型のファクタリング会社を10社ご紹介していきます。

クラウドファクタリングとは?

クラウドファクタリングとは申込から入金までがオンラインで完結するファクタリングサービスです。

ただ「クラウドファクタリング」という言葉は、OLTAの商標ですので、OLTAのファクタリングをクラウドファクタリングといいます。

しかし、一般的にクラウドファクタリングというのはオンライン完結型のファクタリングを指します。

クラウドファクタリングの特徴は以下の3点です。

  • オンラインで完結する
  • 非対面で入金できる
  • 最短即日入金

クラウドファクタリングは誰にも会わずに自宅や会社からスピーディーに資金調達できる点が大きな特徴です。

クラウドファクタリングの3つの特徴を解説していきます。

オンラインで完結する

クラウドファクタリングはオンラインで契約が完結するファクタリングです。

  • 申し込み:インターネット上で申し込みフォームへ入力
  • 書類の提出:WEB上でアップロード
  • 契約:オンライン上で締結

このように、申し込みから契約締結に至るまで、すべてがオンライン上で完結するのがクラウドファクタリングの特徴です。

来店や郵送やFAXなどは一切必要ありません。

非対面で入金できる

クラウドファクタリングは、誰にも会わずに非対面で資金調達が可能です。

お金が足りないということを人に知られるのが嫌という方は少なくありません。

また、ファクタリング会社の窓口へ訪問するのに抵抗があるという方も多いでしょう。

クラウドファクタリングであれば、全てがオンライン上で完結するため、ファクタリング会社の窓口へ行く必要はありませんし、ファクタリング会社へ入る場面を誰かに見られてしまう心配もありません。

誰にも会わずに誰にも見られずに必要な資金調達ができる点が大きな特徴です。

最短即日入金

クラウドファクタリングには即日入金に強いという大きな特徴があります。

オンラインで申し込みが完了し、多くのファクタリング会社で審査がシステム化されているので、審査にも時間がかかりません。

また、契約の際に来店や署名捺印などの面倒な手続きが冬です。

クラウド契約システムで、契約書の内容を確認し、契約締結のための電子署名をおこなうだけですので、通帳の契約よりもかなり効率的に契約締結できます。

審査と契約手続きに時間がかからないため、クラウドファクタリングは即日入金に非常に強みをもっています。

急いで資金が必要な方はクラウドファクタリングを利用するとよいでしょう。

クラウドファクタリングのメリット

クラウドファクタリングは対面式のファクタリングと比較して以下のメリットがあります。

  • 入金までの時間が早い
  • 手数料が低い
  • 必要書類が少ない
  • 安全な業者が多い
  • 地方の事業者も素早く資金調達できる

オンライン完結で契約できるクラウドファクタリングは入金スピードが速く、入金までの時間がかからない点が特徴です。

また、近くにファクタリング会社が存在しない地方の事業者でも素早く資金調達できる点はメリットです。

クラウドファクタリングの5つのメリットについて詳しく解説していきます。

入金までの時間が早い

クラウドファクタリングは入金まで時間がかからない点が大きな特徴です。

基本的に審査はシステム化されているため、数十分から数時間程度で完了します。

さらに契約はオンラインで完結するため、来店やFAXや郵送などの時間が不要です。

多くのクラウドファクタリングが最短即日入金に対応しています。

融資であれば2週間〜3週間程度の時間がかかり、店舗型のファクタリング会社では数日〜1週間程度の時間がかかります。

しかし、クラウドファクタリングであれば、最短即日入金に対応しているため、急いで資金が必要な方に最適な資金調達方法だといえるでしょう。

手数料が低い

クラウドファクタリングは手数料が低い点も特徴です。

オンライン完結で店舗を持っていないため、店舗の維持管理コストや人件費がかかりません。

店舗型のファクタリング会社と比較して効率的に経営しているため、その分を手数料に還元できます。

一般的に店舗型のファクタリング会社の手数料が15%前ですが、クラウドファクタリングの手数料は10%前後と、クラウドファクタリングの方が手数料がかなり低くなっています。

ファクタリングは手数料が高い点が融資と比較したデメリットですが、クラウドファクタリングであれば最低限のコストで資金調達可能です。

必要書類が少ない

クラウドファクタリングは必要書類が少ない傾向があります。

オンラインで書類を提出するため、それほど多くの書類の提出は求めません。

ファクタリング会社の中には、初回は請求書と通帳のコピーのみ、2回目以降は請求書のみの提出でOKという業者が数多く存在します。

一方、店舗型のファクタリング会社の中には、決算書、確定申告書、資金繰り表、納税証明書などの提出を求められることがあるため、書類の用意にかなりの時間がかかってしまうケースが少なくありません。

必要書類が少なく準備に時間がかからない点は店舗型のファクタリング会社と比較した場合の、クラウドファクタリングのメリットです。

安全な業者が多い

クラウドファクタリングを提供している業者は安全な業者が多いという特徴があります。

ファクタリング業には免許も登録も許認可も必要ないため、業者の中には法外な手数料を設定する悪徳業者や、実質的貸付行為をおこなう違法業者などが混在しています。

しかし、クラウドファクタリングは審査や契約システムをシステム化するためにある程度のノウハウや予算が必要になるため、悪徳業者はあまり参入できません。

悪徳業者にとって、そこまでの投資をおこなってオンライン対応にするメリットがほとんどないためです。

業者選びが重要なファクタリングですが、クラウドファクタリングを選択しておけば高い確率で安全な業者と取引できます。

ただし、オンライン完結型の業者でも、悪徳業者は混じっている可能性があるため、クラウドファクタリングだからと全面的に信用するのではなく、必ず手数料が相場の範囲内かどうかなどを確認するようにしてください。

地方の事業者も素早く資金調達できる

クラウドファクタリングであれば近くにファクタリング会社が存在しない地方の事業者の方も、最短即日で資金調達していただけます。

申込から契約まですべてオンラインで完結するため、日本国内であれば利用者の所在地や登記は関係ないためです。

地方都市にはファクタリング会社が存在しないことが多いので、以前は「片道数時間かけて、近くの都市のファクタリング会社へ行って契約した」という話が珍しくありませんでした。

クラウドファクタリングであれば、場所を選ばずにスムーズに資金調達ができるため、地方も方も都市部の方と同じ条件、同じスピードで資金調達できる点は大きなメリットです。

クラウドファクタリングのデメリット

クラウドファクタリングには次の3つのデメリットもあるため注意しましょう。

  • 審査に融通が利かない
  • 3社間ファクタリングの利用は難しい
  • 書類をデータ化する必要がある

対面で審査を受けられず、システム化されているため審査に融通が効きませんし、書類のデータ化に慣れていない人には不向きです。

クラウドファクタリングの3つのデメリットを解説していきます。

審査に融通が利かない

クラウドファクタリングは店舗型のファクタリング会社と比較して審査に融通が利かない傾向にあるようです。

クラウドファクタリングの審査はシステムが行います。この審査は売掛債権や利用者の信用が一定以上の点数になった場合のみ審査通過となるスコアリングという方法でおこなわれることが一般的です。

スコアリングではコンピューターでも判断できる売掛先や利用者の決算状況など、数字からわかる情報を基に審査をおこないます。

そのため、基本的に基準点に少しでも届かない場合には審査に通過できません。

店舗型のファクタリング会社であれば、基準点に少しでも届かなくても、利用者と面談した印象がよいものであれば審査に通過できることもあります。

店舗型ファクタリングであれば審査に融通を効かせることができますが、クラウドファクタリングでは審査にこのような融通は一切効きません

店舗型よりも手数料も低いため、基本的には審査の難易度は店舗型よりも高くなると考えておきましょう。

3社間ファクタリングの利用は難しい

クラウドファクタリングは3社間ファクタリングには基本的に対応していません。

3社間ファクタリングでは、売掛先企業からファクタリングの利用に関して同意を得て、売掛先企業とファクタリング会社との間でも契約が必要になります。

そのため、3社間ファクタリングをオンラインで完結させることはほぼ不可能です。

クラウドファクタリングでは効率性が重視されるため、基本的に取り扱いがあるのは2社間ファクタリングのみとなります。

3社間ファクタリングの利用を希望する方は店舗型のファクタリングの利用を検討してください。

書類をデータ化する必要がある

クラウドファクタリングは書類を全てオンラインで提出しなければならないため、提出書類をデータ化してアップロードする必要があります。

決算書などは基本的にPDF化しなけレバならないため、普段からPCの操作に慣れていない人にとっては、この作業に時間を取られてしまい、結果的に資金調達に時間がかかってしまうケースも少なくありません。

慣れていない方は、あらかじめ書類をPDF

クラウドファクタリングの利用が向いている人

クラウドファクタリングは次のような人が利用するのにむいています。

  • 近くにファクタリング会社がない人
  • ファクタリング会社の事務所へ訪問するのに抵抗がある人
  • 急いで資金が必要な人
  • 低い手数料でファクタリングを利用したい人

クラウドファクタリングの利用に向いている4つのケースについて詳しく解説していきます。

近くにファクタリング会社がない人

会社や自宅の近くにファクタリング会社がない方は、スマホ1台で申し込みが完結できるクラウドファクタリングがおすすめです。

クラウドファクタリングを利用すれば、わざわざ数時間以上の時間をかけて、遠方のファクタリング会社まで訪問する必要はありません。

自宅や会社から非常に簡単に資金調達できるため、近くにファクタリング会社がなく、店頭契約が不可能という方はクラウドファクタリングを利用しましょう。

ファクタリング会社の事務所へ訪問するのに抵抗がある人

ファクタリング会社の事務所や店舗へ訪問して契約することに抵抗がある方もクラウドファクタリングがおすすめです。

金融機関の窓口へ訪問することそのものに抵抗がある人は多いですし、ましてやなんとなくグレーなイメージを持たれることが多いファクタリングの場合には、さらに訪問に抵抗を感じる方は少なくありません。

クラウドファクタリングであれば、業者の事務所へ訪問する必要はありません。

自宅や会社から気軽に契約できるため、契約手続きを気楽に済ませられます。

急いで資金が必要な人

急いで資金が必要な方もクラウドファクタリングがおすすめです。

クラウドファクタリングはほとんどの商品で最短即日に対応しているためです。

店舗型のファクタリング会社でも「最短即日」と広告している業者は多いですが、審査や契約手続きに時間がかかり、実際には数日程度の時間がかかってしまうことも珍しくありません。

クラウドファクタリングは審査や契約にほとんど時間がかからないため、店舗型のファクタリング会社よりも高い確率で即日入金できるでしょう。

急いで資金が必要な方にはクラウドファクタリングがおすすめです。

低い手数料でファクタリングを利用したい人

できる限り低い手数料でファクタリングを利用したい方にもクラウドファクタリングはおすすめです。

クラウドファクタリングは店舗や支店を基本的に保有していないため、店舗管理コストや人件費が店舗型のファクタリング会社よりもかかりません。

そのため、店舗型のファクタリング会社よりも低い手数料でファクタリングを利用できます。

2社間ファクタリングの場合、店舗型のファクタリング会社であれば10%〜20%程度の手数料相場ですが、クラウドファクタリングは5%〜15%程度の手数料で利用できます。

資金調達コストを極力抑えてファクタリングを利用したい方には、クラウドファクタリングがおすすめです。

おすすめのクラウドファクタリング10選

オンライン完結型のクラウドファクタリングに対応している会社はいくつもありますが、どの会社へ申し込んだらいいかわからないという人も多いのではないでしょうか?

  • OLTA
  • ラボル
  • ペイトナーファクタリング
  • PAYTODAY
  • ビートレーディング
  • フリーナンス
  • 日本中小企業金融サポート機構
  • けんせつくん
  • QuQuMo
  • 買速

それぞれのファクタリング会社のスペックや特徴などについて詳しく解説していきます。

OLTA

取り扱いサービス 2社間
契約方式 オンライン
手数料 2%〜9%
入金スピード 最短即日
買取限度額 下限上限なし
公式サイトURL https://www.olta.co.jp/

OLTAはクラウドファクタリングという商標権を持っている会社です。そのため、厳密に言えば「クラウドファクタリング」とはOLTAのファクタリングを指します。

OLTAのクラウドファクタリングは請求書のアップロードから24時間以内に審査回答があり、そのまま最短即日入金を受けられます。

店舗を持たないため、経営が非常に効率的で手数料の上限は9%と業界最低水準です。

また、OLTAはクラウドファクタリングを日本で最初に始めたスタートアップとして注目を集め、多くの大手企業やベンチャーキャピタルから出資を受けており、今や資本金は44億円を超える巨大企業です。

銀行との提携数もファクタリング会社の中で最も多く、日本全国の数多くの銀行の顧客に対してファクタリングを販売しています。

OLTAはクラウドファクタリングの元祖かつパイオニアとして業者としての信頼性が高く、手数料の低い優良なファクタリング会社です。

ラボル

labol(ラボル)

取り扱いサービス 2社間
契約方式 オンライン
手数料 10%
入金スピード 最短60分
買取限度額 1万円〜上限なし
公式サイトURL https://labol.co.jp/

ラボルもオンライン完結専用のファクタリング会社です。

オンラインで申し込み、審査を受け、オンラインで契約を完結させると最短60分で入金を受けられます。

最大の特徴は24時間365日最短60分の入金に対応している点です。

土日も祝日も早朝から深夜までいつでも資金調達できるのは、ファクタリング会社の中でもラボルだけですので、対応力に最も優れたファクタリング会社だといえます。

また、手数料の上限は10%固定と低めで資金調達コストを事前に把握できるため安心です。さらに1万円から上限なしで売却できるため、個人事業主やフリーランスから規模の大きな法人まで幅広く利用できます。

運営会社の株式会社ラボルは東証プライム上場企業の株式会社セレスの100%子会社です。実質的には東証プライム上場企業が運営しているファクタリングサービスですので、業者としての安全性が非常に高い点もおすすめです。

ペイトナーファクタリング

ペイトナーファクタリング

取り扱いサービス 2社間
契約方式 オンライン
手数料 10%
入金スピード 最短10分
買取限度額 〜100万円
(初回25万円迄から徐々に拡大)
公式サイトURL https://paytner.co.jp/factoring

ペイトナーファクタリングは小口専用のオンライン完結型のファクタリング会社です。

申込から入金まで最短10分という圧倒的なスピードが大きな特徴で、大手消費者金融よりも速い速度で資金調達できます。

「今すぐ支払いのための数万円が欲しい」という小口のお金が緊急で必要な場面で活用できるでしょう。

事前にアカウントを作成しておき、請求書をアップロードすれば最短10分で審査が完了し、そのまま事前に登録した口座へ入金を受けられます。

手数料は10%固定ですので法外な手数料を要求される心配はありませんし、事前に資金調達コストが分かっているため安心です。

また、個人事業主宛の請求書を売却できる唯一の主要ファクタリング会社ですので、個人事業主へ発行した請求書を早期資金化したい方はペイトナーファクタリングへ相談しましょう。

なお、ペイトナーファクタリングの買取限度額は100万円(初回は25万円)とかなり低めです。売上規模が低い個人事業主やフリーランス向けのファクタリングサービスですので、高額な資金調達はできない点に注意してください。

PAYTODAY

取り扱いサービス 2社間
契約方式 オンライン
手数料 1%〜9.5%
入金スピード 最短30分
買取限度額 10万円〜上限なし
公式サイトURL https://paytoday.jp/

PAYTODAYはAIファクタリングという名称でファクタリングを提供しています。AIファクタリングはクラウドファクタリングと同じく、オンライン完結型で審査がシステム化されたファクタリングを指します。

申込から入金まで全てオンライン上で完結し、審査はシステム化されているため最短15分で完結します。

その後契約手続きが完了すると、すぐに入金をおこなってくれるため、申込から入金まで最短30分という圧倒的なスピードが大きな特徴です。

PAYTODAYは手数料も低く、上限9.5%はOLTAと並んで業界最低水準だといえます。

サービス開始から1年半で買取額50億円を突破しており、現在は100億円を超える累計買取実績があります。

多くの人が利用しているサービスですので、初めてファクタリングを利用する方にもおすすめです。

ビートレーディング

取り扱いサービス 2社間
3社間
契約方式 対面・オンライン
手数料 2社間:4%~12%
3社間:2%~9%
入金スピード 最短2時間
買取限度額 下限上限なし
公式サイトURL https://betrading.jp/

ビートレーティングは店舗型のファクタリング会社として最も有名で最も実績のある業者の1つです。

累計買取実績は1,300億円、累計取引社数は5.8万社を突破している圧倒的に実績の豊富な企業です。

担当者の知識レベルや経験が非常に豊富で、審査の際には財務コンサルティングを受けられます。

ファクタリングによる資金調達だけでなく、経営改善、資金繰り改善全般について相談できる点が大きな特徴です。

東京、名古屋、大阪、福岡に支店持つ、優良な店舗型ファクタリング会社ですので、本来であればオンライン完結型のクラウドファクタリングとは対局的な会社です。

しかし、ビートレーディングはオンライン契約にも力を入れており、オンラインであれば最短2時間で資金調達できます。

店舗型のファクタリング会社としての信頼性とオンライン完結の利便性の両方を兼ね備えた優良ファクタリング会社です。

フリーナンス

取り扱いサービス 2社間
契約方式 オンライン
手数料 2%〜10%
入金スピード 最短即日
買取限度額 〜1,000万円
公式サイトURL https://freenance.net/

フリーナンスはGMOグループのGMOクリエイターズネットワークが運営する個人事業主・フリーランス向けのビジネスサービスです。

個人事業主やフリーランスなどの小規模事業者の事業運営が向上するさまざまなサービスを展開しており、その1つとしてファクタリングを取り扱っています。

フリーナンスのファクタリングサービス「即日払い」は最短30分入金、上限手数料10%という点が大きな特徴です。

あらかじめフリーナンスへアカウントを作成しておけば、請求者のアップロードから最短30分で審査が完了し、そのまま即日入金できます。

また、上限手数料10%は2社間ファクタリングとして低めですが、利用回数を重ねるたびにさらに信用は向上して手数料が低くなる可能性があります。

継続的にファクタリングを利用したい方におすすめです。

またフリーナンスはファクタリングだけでなく次のようなサービスも実施しています。

即日払い 2社間ファクタリング
あんしん補償 業務上生じた賠償責任を補償
フリーナンス口座 個人名ではなく屋号やペンネームで口座作成できる
バーチャルオフィス 月額780円で銀座と福岡のバーチャルオフィスを利用可能

アカウントを作成するだけで、業務上生じた賠償責任などを補償する「あんしん補償」や、ペンネームや屋号で銀行口座を作成できる「フリーナンス口座」など、無料で利用できるサービスが豊富です。

すぐに資金が必要ない方にとってもメリットがあるため、個人事業主やフリーランスの方はアカウントを作成しておいて損はないでしょう。

日本中小企業金融サポート機構

日本中小企業金融サポート機構online

取り扱いサービス 2社間・3社間
契約方式 対面・オンライン
手数料 1.5%〜10%
入金スピード 最短3時間
買取限度額 下限・上限なし
公式サイトURL https://chushokigyo-support.or.jp/scomplete/

日本中小企業金融サポート機構はファクタリング業とコンサルティング業を実施する店舗型のファクタリング会社です。

コンサル業に力を入れており、国が中小企業支援の専門家として認定する、認定経営革新等支援機関として登録されています。

ファクタリングだけでなく、財務改善、資金繰り改善など、さまざまな相談ができる点が特徴です。

また、法人形態が一般社団法人という非営利団体ですので、手数料が低い点が特徴です。

店舗型のファクタリング会社兼コンサル会社であるため、以前は来店か郵送のみの契約となっていました。

しかし最近は日本中小企業金融サポート機構onlineというサービスを開始しており、オンライン完結契約で最短3時間で資金調達が可能です。

高いコンサル機能を持ちながら、入金スピードの速さと手数料の低さを併せもっている優良なファクタリング会社だといえます。

けんせつくん

取り扱いサービス 2社間
契約方式 オンライン
手数料 表記なし
入金スピード 最短2時間
買取限度額 下限上限なし
公式サイトURL https://xn--y8jd4aybzqd.jp/

けんせつくんは建設業専門のオンライン完結型のファクタリングサービスです。

建設業は工期が長い上に入金サイトが長いため、融資の審査でもファクタリングの審査でも不利になる属性です。

けんせつくんは、建設業専門のファクタリング会社として、建設業界出身のスタッフが審査を担当するため建設業だからといって不利な扱いを受けることなく資金調達できます。

オンライン完結で最短2時間で入金されるため、急いで資金が必要な方に向いています。

また、請求書だけでなく注文書の買取をおこなっている点も大きな特徴です。

売掛先企業から発注があった段階で、その発注書を資金化できるため、大型の工事の受注に伴い増加する運転資金の確保が簡単です。

「手元に運転資金がない」という方も、けんせつくんで注文書ファクタリングを利用すれば、大型工事の受注ができます。

QuQuMo

QuQuMo(ククモ)

取り扱いサービス 2社間
契約方式 オンライン
手数料 1%〜
入金スピード 最短2時間
買取限度額 下限上限なし
公式サイトURL https://ququmo.com/

QuQuMoはオンライン完結型のファクタリング会社として、最短2時間で資金調達できます。

数あるクラウド型のファクタリングサービスの中でも、利用者からの評判が非常に高い業者です。安心して利用できることはもちろん、「当日中に資金調達できた」という声が多いため即日入金の可能性も非常に高い業者であるといえるでしょう。

即日入金と記載されていながら、実際には入金までに時間を要する業者が多いため、より確実に即日入金を希望する方におすすめです。

手数料の上限が明記されていませんが、リスクの高い売掛債権には高い手数料を設定することで審査に通しています。

他社の審査に断れた人でもQuQuMoであれば審査に通過できる可能性があるでしょう。

契約は弁護士ドットコムが監修しているクラウドサインで行います。個人情報漏洩などの心配がないため、安心して利用できます。

買速

買速

取り扱いサービス 2社間・3社間
契約方式 対面・オンライン
手数料 2%〜10%
入金スピード 最短30分
買取限度額 10万円~5,000万円
公式サイトURL https://kai-soku.jp/

買速は、手数料の低さ、入金スピードの速さの2点で非常に優れたファクタリング会社です。

対面契約も実施していますが、オンライン完結にも対応しているため、クラウドファクタリングの利用を希望する方にもおすすめです。

上限10%の手数料は2社間ファクタリングの中でも低い水準ですし、最短30分の入金スピードは業界でも最速水準だといえるため、非常にバランスの優れたファクタリング会社だといえるでしょう。

ホームページには、乗り換えシミュレーターが搭載されているため、現在他社でファクタリングを利用している方が買速へ乗り換えた場合にどの程度手数料が低くなるのかを瞬時に把握できます。

審査通過率は80%程度とファクタリング会社の中ではやや手数料は高めですが、その分、信頼できる会社だといえるでしょう。

手数料の低さや入金スピードに加えて、運営会社の安全性を重視したい方に買速はおすすめです。

クラウドファクタリング利用時の注意点

クラウドファクタリングを利用する際には以下の2点に注意してください。

  • 無計画な利用
  • 悪徳業者の存在

手軽に利用できるのはクラウドファクタリングのメリットですが、無計画に利用することによって収支が圧迫され、場合によっては悪徳業者に引っ掛かってしまう可能性もあります。

クラウドファクタリング利用時の2つの注意点について解説していきます。

無計画な利用

クラウドファクタリングは、スマホやパソコンからとても簡単に利用できてしまいます。

そのため、必要もないのに利用してしまったり、他の資金調達方法があるのにファクタリングを利用してしまうケースも珍しくありません。

しかしファクタリングは手数料が高額です。例えば1ヶ月先が入金期日の売掛債権を手数料10%でファクタリングした場合、手数料負担は年利に換算すると120%にもなります。

銀行融資の金利が1%〜4%台程度ですので、ファクタリングの手数料負担は銀行融資の100倍程度になることも珍しくありません。

ファクタリングは非常にコストが高く収支を圧迫する資金調達方法ですので、利用するタイミングを厳格に絞って計画的に利用すべきです。

クラウドファクタリングはその利便性の高さゆえ、無計画に利用して、結果的に収益と資金繰りを圧迫してしまう可能性があるため注意しましょう。

悪徳業者の存在

ファクタリング業者の中には悪徳業者や違法業者も混在しています。

特に相手の顔が見えないオンライン完結型のクラウドファクタリングでは、優良業者であると考えて取引したものの、実際には悪徳業者であったという可能性が少なくなくありません。

以下の2点のいずれかに該当する業者は悪徳業者または違法業者の可能性があります。

  • 手数料が相場を超えている(2社間ファクタリングで20%超)
  • 償還請求権あり(買い戻し請求権あり)

ファクタリングの手数料相場は2社間で5%〜20%程度、3社間で1%〜5%程度です。これらを超える手数料のファクタリング会社は悪徳業者の可能性が非常に高いため取引を控えた方がよいでしょう。

また、「償還請求権あり」「買い戻し請求権あり」というのは、万が一売掛債権が回収不能になった際にファクタリング会社が損失を負わずに利用者へ請求するというものです。

ファクタリングが融資と異なり、融資よりも高い手数料を設定できる根拠が「売掛債権の回収リスクを負うから」です。

売掛債権の回収リスクを負わないファクタリングは違法貸付で、その業者は闇金ですので、絶対に取引しないでください。

金融庁も違法なファクタリングについては以下のように注意喚起をおこなっています。

ファクタリングを装った高金利の貸付けを行うヤミ金融業者の存在が確認されています。また、ファクタリングとして行われる取引であっても、経済的に貸付けと同様の機能を有していると思われるようなものは、貸金業に該当するおそれがあります。
事業者の皆様におかれては、こうした偽装ファクタリングを利用することのないよう、十分注意してください。
引用:金融庁|ファクタリングの利用に関する注意喚起

ネットで完結できるからと、安易に申し込みをするのではなく、安全な業者であることを確認した上で申し込みましょう。

クラウドファクタリングについてよくある質問

クラウドファクタリングについてよくある質問は次の通りです。

  • ファクタリングの支払いをしないと取り立てが行われますか?
  • 審査が緩いクラウドファクタリングはありますか?
  • 銀行のクラウドファクタリングとはなんですか?
  • ファクタリングを利用すると融資審査に影響しますか?
  • クラウドファクタリングでWEBアップロード以外の方法で書類を送れますか?

ファクタリングの支払いをしないと取り立てが行われますか?

2社間ファクタリングの場合にはまず利用者に対してファクタリング会社から取り立てがおこなわれます。

利用者にも支払いがないことが確認されると、ファクタリング会社から売掛先企業に対して取り立てが行われるため、この時点で売掛先企業に対してファクタリングを利用したことを知られてしまいます。

売掛先企業から入金があったにも関わらず、自社がファクタリング会社へ支払いをしないと、売掛先企業からの信頼は失墜してしまうことになるため、売掛先企業から入金があったら速やかにファクタリング会社へ送金しましょう。

審査が緩いクラウドファクタリングはありますか?

どのファクタリング会社も独自の基準で厳格に審査をおこなっているため、一概にどのファクタリング会社の審査が緩いなどということはできません。

しかし、手数料はリスクに対するプレミアムですので、上限手数料の低いファクタリング会社は審査が厳しく、上限手数料の高いファクタリング会社は審査が緩い傾向があります。

ファクタリング会社の中には上限手数料の明記がない業者もあり、そのような業者はリスクの高い売掛債権に対しては高い手数料を設定することで審査に通しているようです。

審査に自信がない場合や、他社の審査に落ちた場合には、手数料が高いファクタリング会社か、上限手数料の設定がない業者へ申し込むとよいでしょう。

銀行のクラウドファクタリングとはなんですか?

銀行のクラウドファクタリングは「クラウドファクタリング」という商標をもっているOLTAが銀行と提携して提供しているファクタリングです。

OLTAは銀行と提携し「〇〇銀行クラウドファクタリング」という商品を展開しています。

この商品は銀行が銀行の顧客に対してファクタリングを販売し、審査や買取はOLTAが行い、銀行はOLTAから手数料を受け取る仕組みです。

基本的にはOLTAへ直接申し込みをするファクタリングと商品内容は同じです。ただし、銀行が取り扱うというだけで安心感があるため、利用したい方はOLTAと提携している銀行へ問い合わせましょう。

ファクタリングを利用すると融資審査に影響しますか?

基本的には影響がありません。

ファクタリングは借入ではないので、利用しても決算書に計上されません。そのため銀行は取引先企業がファクタリングを利用したかどうかを知ることが不可能です。

ただし、ファクタリングを利用すると手数料は営業外費用として計上されます。この費用があまりにも大きいと「何に利用したのか」と聞かれてファクタリングの利用が知られてしまう可能性があります。

多少の利用であれば全く問題ありませんが、あまりにもファクタリングの手数料負担が大きいと「資金繰りが相当悪い企業」と判断されて融資審査で不利になる可能性があります。

数回程度の利用では融資審査に影響ありませんが、利用のしすぎには十分注意してください。

クラウドファクタリングでWEBアップロード以外の方法で書類を送れますか?

ファクタリング会社によって異なります。

業者によってはFAXで送れることもあるようです。ただし、WEBでアップロードする方が確実ですので、必要書類をスマホに撮影して送るか、PCで書類をPDF化する方法などをしっかりと理解しておきましょう。

まとめ

クラウドファクタリングとはオンライン完結型のファクタリングで、言葉自体は大手ファクタリング会社のOLTAの商標です。

オンラインで完結できるため、手続きが簡単で入金スピードが速く手数料が低いなどのメリットがありますが、無計画に利用することには十分な注意が必要です。

また、オンラインで完結できるからこそ、悪徳業者には注意しましょう。

弊社は契約には対面が必要ですが、審査では丁寧に財務コンサルティングを実施させていただき、お客様に見合った資金調達方法をご提案させていただいております。

最短即日入金にも対応しておりますので、お急ぎの方もぜひ弊社へご相談ください。

[ ¥請求書を最大98%で買取ります ]

インタビュー記事

interview article

インタビュー記事

請求書を最大98%買取ります
img
logo A社 B社
手数料 2〜20%
売掛金300万円の場合
振込金額240〜294万
15〜30%
売掛金300万円の場合
振込金額210〜255万
7〜25%
売掛金300万円の場合
振込金額225〜279万
申込方法 電話、WEB、出張訪問申込 来店申込 オンライン申込
審査通過率 92.25% 70% 40%
振込までの日数 最短当日 最短翌日 最短4日
ファクタリング
利用額
30万円以上の売掛金が必要 50万円以上の売掛金が必要 200万円以上の売掛金が必要
審査時の
必要書類
  • 身分証明書
  • 入出金の通帳
  • (WEB通帳含む)
  • 請求書
  • 見積書
  • 決算書
  • 売掛先との取引内容履歴の確認事項
  • 売掛先との契約書類
  • 発注書、納品書、請求書など
  • 身分証明書
  • 登記簿贈本(履歴事項証明書)
  • 決算書(税務申告済の押印必須)
  • 売掛先との基本契約書
  • 売掛債権の因果資料
  • 入出金の確認事項
コメント 柔軟に買取利率を指定させていただいている為、業界最高水準の審査通過率と、最高水準の買取額と口コミサイトで高評価を頂いております。最大98%で買取が可能です。 審査基準は緩いが、買取手数料が割高なため、調達できるしきんが減少する傾向がある。 銀行系信用情報期間への信用審査あり。黒子決算など業績良好でないと利用できない為、審査経過はなかなか難しい。
お電話でのお問い合わせ

img 0120-772-898 平日 10:00~19:00

無料相談はこちらから

お問い合わせ