事業資金の調達方法
つなぎ資金はどこで調達する?4つの調達方法別おすすめ金融サービスランキング
logo
ファクタリング【即日スビード資金調達】

「得意先の売上入金が遅れるとの連絡があり、このままでは借入金の返済が滞ってしまう」

「繁忙期で売上増加が予想されるので、追加で資金注入が必要」

このように、一時的にキャッシュ(現金)が不足したとき、あるいは追加で必要になったとき、穴埋めとして外部から調達してくる資金のことを「つなぎ資金」と言います。

「つなぎ資金」という言葉は、一般的には不動産ローンの用語として使われることが多いですが、ビジネスにおいては、次に入金があるまで、資金ショートや倒産に陥らないよう、事業をつないでおくための資金という意味合いで使われます。

今回は事業者が知っておくべき、つなぎ資金の活用方法や調達方法について、検討すべき4つの金融サービスごとに解説します。

つなぎ資金とは?法人向けと個人向けの違い

つなぎ資金は、一般的には「つなぎ融資」として知られており、法人向けと個人向けで以下のような違いがあります。

法人向けのつなぎ資金

法人や個人事業主向けの事業性のつなぎ資金は、ビジネスローンや手形割引、ファクタリングなどが挙げられます。

売上入金など将来的にまとまった資金を受け取ることが予定されているものの、急な売上増加や入金の遅れが発生して、手元の資金では事業の運転資金(仕入れ、従業員の給料、オフィスのIT化など)をまかなえないときに、金融機関から短期で調達します。

つまり、法人向けのつなぎ資金は、事業資金の一時的な不足を外部からの資金調達によって穴埋めして、キャッシュフローを円滑にすることが目的です。

個人向けのつなぎ資金

個人向けのつなぎ資金(つなぎ融資)は、注文住宅を建てる際に利用されます。

住宅を建てる際、住宅ローンは建物が完成した後に融資が実行されますが、注文住宅を建てる場合は、完成する前に土地の購入代や着工金、竣工金などの支払いが必要です。

これらの支払いを自己資金でまかなえないときに、金融機関からつなぎ融資を受けて支払うことになります。

つなぎ資金が必要になるケース

つなぎ資金は、「将来的に入金が予定されているものの、一時的に事業資金が不足しており、外部から補填する必要がある」というタイミングで利用されます。

  • 売掛先からの入金が遅れる
  • 急な注文の増加で仕入代金が尽きる可能性がある
  • 税金や社会保険料の支払いに回すお金が足りない
  • 繁忙期前にして手元資金が不足している
  • 大口の受注で追加の材料費や外注費が必要

イレギュラーな資金ニーズに対しても、自己資金でまかなうことができれば、外部からの資金調達は不要です。

しかし、資金不足の状態が長引けば、取引先獲得のチャンスを逃したり、自社の資金繰りが悪化したりして、自社にとってマイナスの影響を及ぼすでしょう。

最悪の場合は、銀行から融資が受けられなくなり、倒産に陥いるリスクも考えられます。

このように、入金があるまでの資金不足を外部からの資金投入で食い止め、キャッシュフローを円滑にすることが、つなぎ資金の目的なのです。

つなぎ資金を調達する4つの方法

つなぎ資金は「急な売上増加や入金の遅れ」など突発的なトラブルに対応するため、迅速に調達できて、なおかつ短期間で返済の目処が立つサービスを選ばなければなりません。

資金ショートも時間の問題という状況にあっては、即日~1週間以内で資金調達できるサービスが望ましいでしょう。

つなぎ資金調達におすすめできるサービスは、以下の4つです。

  • ビジネスローン
  • 不動産担保ローン
  • 手形割引
  • ファクタリング(2社間取引)

ビジネスローンでつなぎ資金を調達する

サービス提供業者銀行、信販会社、消費者金融会社など
金利・手数料の相場2%~20%
資金調達のスピード即日~1週間以内
担保・保証人原則不要(法人は代表者が保証人となるケースあり)
調達額の相場1万円~1,000万円

中小企業や個人事業主のつなぎ資金として、もっとも多用されている金融サービスがビジネスローンです。

ビジネスローンは銀行、信販会社、消費者金融会社などさまざまな金融機関が提供しています。

ただし、銀行は長期融資が前提であり、審査にも時間がかかるため、緊急性の高い資金ニーズには向いていません。

一方、ノンバンクのビジネスローンは、審査の通りやすさや融資までのスピードが早いことから、近年、小規模事業者の利用が増えています。

不動産担保ローンでつなぎ資金を調達する

サービス提供業者不動産担保ローン専門会社
金利・手数料の相場2.5%~10.0%(実質年率)
資金調達のスピード最短3日~
担保・保証人不動産
調達額の相場100万円~2億円

不動産担保ローンは土地や建物を担保に、数百万~数千万円の高額な借り入れが可能な金融サービスです。

ビジネスローンが100万円以下の小口利用の資金ニーズに向いているのに対し、不動産担保ローンは500万円以上の大口利用に向いています。

不動産担保ローンを取り扱っている金融機関の中でも、不動産担保ローン専門会社は、独自の与信・不動産評価と不動産担保ローンの豊富な実績を兼ね備えています。

銀行に比べて融資までのスピードが早く、審査も柔軟なため、より緊急性の高いつなぎ資金の調達に向いていると言えるでしょう。

手形割引でつなぎ資金を調達する

サービス提供業者手形割引専門業者
金利・手数料の相場2.8%~20.0%(実質年率)
資金調達のスピード最短即日~
担保・保証人約束手形
調達額の相場手形の額面による

商取引で手形を利用する企業の場合は、手形の満期日まで現金を受け取ることができません。

手形割引は、銀行などの金融機関や手形割引業者に、満期日前の手形を裏書譲渡し、手形満期日までの金利相当額の割引料を支払って資金化してもらうサービスです。

一定の割引料を支払えば、満期日前に手形を資金化、一時的な事業資金として活用できます。

ただし、手形が不渡りとなってしまった場合は、割引依頼人が買い戻す義務(遡求権)が発生するため注意が必要です。

2社間ファクタリングでつなぎ資金を調達する

サービス提供業者ファクタリング会社
金利・手数料の相場(買取額面に対し)10%~20%
資金調達のスピード最短即日~
担保・保証人不要
調達額の相場30万円~5,000万円

ファクタリングは、回収前の売掛債権をファクタリング会社が買い取り、所定の手数料を差し引いて早期に資金化するサービスです。

商品・サービスの納入から数ヶ月後に支払われる売掛債権を早期に資金化できるため、緊急性の高い資金ニーズに活用できます。

金銭消費貸借契約の融資とは異なり、ファクタリングは売掛債権という企業の資産を売買する契約です。

したがって、ファクタリングの審査では申込者の信用状況よりも、売掛先(取引先、クライアント)の信用力が重視されます。

売掛債権を譲渡するにあたって、売掛先の同意が必要か否かで、2社間ファクタリングと3社間ファクタリングに分けられます。

2社間ファクタリングは、債権譲渡にあたり売掛先の承諾が不要で、最短即日の資金化が可能なファクタリングです。

償還請求権がないノンリコース契約でもあるため、売掛先の倒産等で売掛金が支払不能(デフォルトリスク)になっても、手形割引のような買い戻し義務がありません。

つまり、ファクタリングを活用すれば、回収に不安のある売掛債権を早期に資金化して、貸し倒れを回避することもできるのです。

【つなぎ資金別】おすすめ金融機関・優良会社ランキング

ビジネスローン、ファクタリングなど、つなぎ資金別におすすめの金融機関・優良会社をご紹介します。

ビジネスローンのおすすめ金融機関・優良会社TOP3

ビジネスローンでつなぎ資金の調達を検討する際には、実績が豊富で信頼できるローン会社を選ぶことが重要です。

最短即日回答・翌営業日融資、および即日融資が可能で、信頼性の高いビジネスローンをご紹介します。

オリックスVIPローンカード BUSINESS

金利・手数料6.0%~17.8%
融資額50万円~500万円
融資スピード最短即日
返済方式リボルビング払い(新残高スライドリボルビング返済 or 元利込定額リボルビング返済)または1回払い
返済期間/回数最長10年2ヶ月・122回払い

「VIPローンカードBUSINESS」は、ノンバンク系の大手オリックス・クレジットのカードローンです。

最短即日の発行が可能で、運転資金やつなぎ資金、仕入資金、納税資金などの事業性資金だけでなく、プライベートにも利用できます。

WEBから申し込んで、平日14:30までに手続きを完了させれば、即日融資も可能です。

さらに、返済方法も1回払い、リボルビング払いと柔軟に対応しているため、無理のない返済計画が立てられます。

融資枠の範囲内であれば、いつでもどこでも必要なときに資金調達が可能で、予定外の急な資金ニーズの備えとしても役立つでしょう。

アイフルビジネスファイナンスの事業者ローン(カードローン)

金利・手数料5.0%〜18.0%
融資額1万円〜1,000万円(新規は上限500万円)
融資スピード最短即日
返済方式元金定率リボルビング返済
返済期間/回数最長5年(60回以内)

アイフルビジネスファイナンスの事業者向けカードローンは、限度額の範囲内なら何度でも利用でき、つなぎ資金としてはもちろん、事業拡大や決算時などのまとまった事業資金としても活用できます。

来店不要、ネットから申し込みができ、スコアリングシステムによる仮審査で融資可能の回答が得られれば、必要書類をメール・郵送等で提出して本審査です。

早ければ申し込みの翌営業日には融資が受けられる状態となるでしょう。

基本的には無担保・無保証人で借り入れできますが、法人の場合は代表者が連帯保証人となる必要があります。

LENDYのスモールビジネスローン

金利・手数料8.0%〜15.0%(融資額100万円以上)
13.0%〜18.0%(融資額100万円未満)
融資額10万円〜500万円まで
融資スピード最短翌営業日
返済方式期限一括弁済・元利均等返済
返済期間/回数最長1年・最大12回

LENDYは全ての手続きがオンラインで完結、面倒な書類作成は一切不要な融資サービスです。

事前にLENDYでアカウントを登録、スマホやパソコンから申し込むと5分で借入条件が提示され、最短で翌営業日に融資が受けられます。

freee、MFクラウド会計・確定申告、弥生会計オンラインなど、事業で利用しているクラウドデータと連携することで、審査の精度が高まり、借入条件が自動で改善します。

オンラインを中心に活動している法人・個人事業主(フリーランス)の方におすすめです。

不動産担保ローンのおすすめ金融機関・優良会社TOP3

専門会社の不動産担保ローンは、銀行とは異なる独自の与信・不動産評価を持っており、掛け目最大100%で不動産価値をフルに活かした金融商品です。

ここでは、実績や利便性で選んだ不動産担保ローンの優良専門会社をご紹介します。

セゾンファンデックスの事業者向け不動産担保ローン

金利・手数料変動金利 2.6%~3.6%
固定金利 5.8%~9.9%
15%以下(実質年率)
融資額100万円~3億円
融資スピード最短3営業日で審査
返済方式毎月元利均等払い
返済期間/回数5年~25年/60回~300回

セゾンファンデックスは、「セゾンカード」で知られるクレディセゾングループの不動産担保ローン専門会社です。

緊急の運転資金やローンの組換え、税金の支払いなど、全国の法人・個人事業主を対象に、担保余力を重視した不動産担保ローンを提供しています。

気になる金利は年率2.6~9.9%で、事務手数料・調査料などを含め年率で換算すると、実質年率15%以内となります。

創業間もない事業者、二番抵当や親族名義の不動産など、不動産担保ローンに関して不安のある方は、同社の相談窓口を利用しましょう。

アサックスの事業者向け不動産担保ローン

金利・手数料1.95~※5.90%(年率)
15%以下(実質年率)※借入額が1,000万円以上の場合は、上限金利4.80%を適用
融資額300万円~10億円
融資スピード即日審査、最短3日で融資
返済方式元金一括返済・元利均等返済
返済期間/回数元金一括返済:期間3ヶ月~30年
元利均等返済:期間12ヶ月~30年 (回数12回~360回)

アサックスは、不動産担保ローンで50年以上の営業実績を専門会社です。

他社とは一線を画す即日審査、最短3日のスピード融資で迅速な対応を強みとしており、過去の業績・決算内容にとらわれない柔軟な審査で、最大10億円までの融資が可能としています。

さらに、目的別ローンではないため、事業資金+納税資金など組み合わせも利用者の自由です。

使い道が自由で高額融資も可能な不動産担保ローンで、急な資金ニーズにも迅速・柔軟に対応することができるでしょう。

SBIエステートファイナンスの不動産担保ローン

金利・手数料変動金利2.55%~※7.50%

実質年利15.00%以下

※借入額が1,000万円以上の場合は、上限金利4.80%を適用

融資額300万円~5億円
融資スピード最短3日
返済方式元利均等返済(ボーナス時増額返済併用可)
返済期間/回数1年~25年/12回~300回

SBIエステートファイナンスは、東証一部上場企業のSBIホールディングスのグループ会社です。

信頼性や資金力は言うまでもなく、独自審査基準での与信・不動産評価、年間5,000件の相談実績と創業23年の融資実績で、不動産担保ローン専門会社として確固たる地位を築いています。

つなぎ資金、開業・運転資金、リフォーム資金といった事業性資金はもちろん、生活・教育・納税資金など使途は自由です。

さらに、申し込みから契約完了までは、専属の担当者によるワンストップサービスです。

返済期間や月々の返済額、キャッシュフローが改善されたら他の金融機関へ借り換えのために残金一括返済を受けるなど、利用者の都合に合わせた柔軟な返済計画を提案してくれるでしょう。

手形割引のおすすめ金融機関・優良会社TOP3

手形割引は銀行や信用金庫のほかに、手形割引専門会社に依頼することもできます。

専門会社の手形割引は最短即日で資金化が可能、幅広い手形に対応しています。

日証の手形割引

金利・手数料3.0%〜19.2%
融資額1銘柄最高 1億まで
融資スピード最短3日
諸費用【事務手数料】手形額面30万円以上1,000円/1枚(30万円未満不要)

【取立手数料】圏内手形660円/1通、圏外手形は880円/1通、その他割引受領に関して200円の収入印紙

【収入印紙代】200円

株式会社日証は、昭和28年創業、手形割引一筋で累積4兆円を超える資金を市場に供給してきた実績を持つ老舗です。

他社にはない独自の管理システムで最短30分の審査を可能としており、商業手形しか扱わない数少ない専門会社だからこそ、3.0%〜19.2%という幅広い割引料に対応しています。

また、日証の割引料上限は19.2%と他社より高めです。

上限利率はリスクの許容度であり、なおかつ審査能力を反映するものであるため、上限利率を高く表示している業者ほど、利用者のあらゆる依頼に柔軟に対応できるということの証左でもあります。

日栄倉庫の手形割引

金利・手数料3.0%〜7.0%
融資額手形額面による
融資スピード最短即日
諸費用

【取立料】880円

日栄倉庫は「手形割引の新スタンダード」として、スマホカメラによる簡単見積もり、業界最短5分で見積もり回答、17:30までの送金を実現しています。

無駄を省いた手続きで、銀行並みに安い割引料3.9%〜7.0%、取立料880円のみで手形の買取可能です。

さらに、同社の利用者の約4割が、初めて手形割引を利用した事業者であり、会社の規模・業歴、担当者の対応など「取引しても信頼できる」という高い評価を得ています。

初めて手形をもらって資金化を検討されている事業者の方も、日栄倉庫であれば安全かつ安心して割引できるでしょう。

日本保証の手形割引

金利・手数料3.9%〜18.0%
融資額手形額面による
融資スピード最短即日
諸費用

不要

日本保証は保証事業、個人・法人向けのファイナンス事業を展開、不動産担保ローンや手形割引、有価証券担保ローンなどの商品を取り扱っています。

同社の手形割引は、年3.9%〜18.0%と業界最安水準の金利、取立料や事務手数料等は一切かかりません。

相談や申込みの際は、専属スタッフが丁寧に対応してくれるため、初めて手形割引を利用される方でも安心です。

2社間ファクタリングのおすすめ金融機関・優良会社TOP3

ファクタリング会社は、手続きに際して面談が必要な「対面式」と、面談不要ですべての手続きがオンラインで完結する「非対面式」に分けられます。

前者は非対面式より調達コストが高めですが、経営改善のための財務コンサルを無償で受けられます。一方の非対面式のサービスは、原則として2社間取引による債権の資金化に限られますが、3社間取引並に調達コストが低めです。

OLTAのクラウドファクタリング

金利・手数料2%~9%
買取限度額制限なし
入金スピード最短即日

OLTA独自の「クラウドファクタリング」は、すべての手続きがネットで完結、紙の書類提出も面談も不要で、最短24時間以内の現金化が可能なサービスです。

気になるファクタリング手数料は、全て込みで業界最安水準の2%〜9%と、3社間並みに安い手数料で取引先に知られることなく売掛債権の資金化ができます。

さらに、OLTAの優遇システムにより、繰り返しクラウドファクタリングを利用するほど、手数料や利用金額の優遇が受けられます。

ビートレーディングの2社間ファクタリング

金利・手数料5%~20%
買取限度額10万~7億円(過去の実績から)
入金スピード最短即日

ビートレーディングは、豊富な実績と質の高いサービスで中小企業や個人事業主から高い支持を得ているファクタリング会社です。

業界最安基準のファクタリング手数料、最短即日のスピード対応、充実のアフターフォローと、初めてファクタリングを利用する場合でも安心して利用できます。

さらに、現在実施中の手数料最大5%OFFのキャンペーンも利用すれば、よりお得に売掛債権の資金化が可能です。

ベストファクターの2社間ファクタリング

金利・手数料5%~20%
買取限度額20万円~3,000万円
入金スピード最短即日

私どもベストファクターは、売掛先の承諾が不要な2社間ファクタリングを、対面式のファクタリングとしては業界最安水準の手数料5%~20%、かつ最短即日対応でご提供いたします。

手数料の低さという点では、オンライン完結型の非対面式には及びませんが、ご利用いただいた方には、無償の財務コンサルティングサービスをご提案させていただいております。

弊社の財務コンサルは、ご利用会社様のキャッシュフロー改善率69.7%、企業価値改善率59.2%という高い実績を誇っております。

このように、スピーディーな資金調達はもちろん、経営改善や根本的な財務体質の見直しなど、長くお付き合いのできるビジネスパートナーとして、ご利用会社様の経営をトータルでサポートいたします。

つなぎ資金の調達に関するQ&A

つなぎ資金を調達する方法やサービスの選び方について、よくある質問とその回答をQ&A形式でご紹介します。

Q.銀行のビジネスローンとノンバンクのビジネスローンは、どのように使い分けるのですか?
A.銀行のビジネスローンは融資実行までに時間がかかりますが、ノンバンクに比べて金利が低く、高額の借入も可能です。よって、運転資金や設備投資、決算・賞与資金としての利用に向いています。一方のノンバンクのビジネスローンは、最短即日の融資も可能なため、緊急性の高いつなぎ資金に活用できます。銀行に比べて金利が高めですが、短期間で完済できる返済原資と返済計画があれば、大きな負担とはならないでしょう。
Q.赤字決算でも借りられるビジネスローンはありますか?
A.数は少ないですが、ノンバンクのビジネスローンであれば借りられる可能性があります。ビジネスローン各社の借入条件を確認して、「赤字決算OK」のところに相談しましょう。ただし、金融機関側からすると赤字決算の企業相手では貸し倒れリスクが高くなるため、金利がやや高めに設定されます。
Q.不動産担保ローンは一括返済ができないのですか?
A.不動産担保ローンは全額または一部の繰上返済が可能なものの、返済額に応じた解約料が発生します。解約料は返済元金の3.0%以内です。
Q.手形割引を依頼した場合、手形振出人や裏書人に知られることはありませんか?
A.手形割引に際して、振出人や裏書人にその事実が通知されることはありません。ただし、手形の成因の確認が取れないなど、振出の事実の確認が必要な場合は、割引依頼人の同意を得たうえで、手形割引会社から振出人に問い合わせが行われる可能性があります。
Q.ファクタリングは融資とどのように違うのですか?
A.ファクタリングは売掛債権の売買であり、負債を増やしてお金を借り入れる融資とは全く別物です。また、同じ債権を活かしたサービスである手形割引とは異なり、ファクタリングには償還請求権がないため、万が一、売掛先の倒産等で売掛金が支払われなかったとしても、ファクタリング利用会社に買い戻しの義務はありません。他にも、審査の対象や貸金業者か否かなどの違いがあります。

つなぎ資金は「ビジネスローン」or「ファクタリング」を推奨

つなぎ資金に活用できる金融サービス、および金融サービスごとおすすめ金融機関・優良会社をご紹介しました。

4種類ある金融サービスのうち、中小企業・個人事業主の緊急性の高いつなぎ資金には「ビジネスローン」と「ファクタリング」のご検討をおすすめします。

まず、ビジネスローンは「将来的にまとまった資金の入金が予定されているが、現在の手元のキャッシュでは事業の運転資金が足りない」というときに有効です。

明確な返済原資と短期間で完済可能な返済計画があれば、赤字決算や事業実績のない事業者であっても借りられる可能性があります。

一方のファクタリングは、「短期間の資金不足を埋め合わせるためのつなぎ資金」という目的では、ビジネスローンよりも調達コストが高めです。

ファクタリングの手数料を抑えるには、信用力の高い法人あての売掛債権を売却するか、あるいは、オンライン完結型(非対面式)ファクタリングを利用しましょう。

手数料はやや高くなりますが、根本的に自社の資金繰りや財務体質を改善し、事業再生を図りたい場合は、私どもベストファクターのように、財務コンサルサービスの実績があるファクタリング会社にご相談ください。

一刻も早く資金注入が必要な場面であっても、自社にとってベストな金融サービスを選ぶことが大切です。

[ ¥請求書を最大98%で買取ります ]

インタビュー記事

interview article

インタビュー記事

請求書を最大98%買取ります
img
logoA社B社
手数料2〜20%
売掛金300万円の場合
振込金額240〜294万
15〜30%
売掛金300万円の場合
振込金額210〜255万
7〜25%
売掛金300万円の場合
振込金額225〜279万
申込方法電話、WEB、出張訪問申込来店申込オンライン申込
審査通過率92.25%70%40%
振込までの日数最短当日最短翌日最短4日
ファクタリング
利用額
30万円以上の売掛金が必要50万円以上の売掛金が必要200万円以上の売掛金が必要
審査時の
必要書類
  • 身分証明書
  • 入手金の通帳
  • (WEB通帳含む)
  • 請求書
  • 見積書
  • 決算書
  • 売掛先との取引内容履歴の確認事項
  • 売掛先との契約書類
  • 発注書、納品書、請求書など
  • 身分証明書
  • 登記簿贈本(履歴事項証明書)
  • 決算書(税務申告済の押印必須)
  • 売掛先との基本契約書
  • 売掛債権の因果資料
  • 入出金の確認事項
コメント柔軟に買取利率を指定させていただいている為、業界最高水準の審査通過率と、最高水準の買取額と口コミサイトで高評価を頂いております。最大98%で買取が可能です。審査基準は緩いが、買取手数料が割高なため、調達できるしきんが減少する傾向がある。銀行系信用情報期間への信用審査あり。黒子決算など業績良好でないと利用できない為、審査経過はなかなか難しい。
お電話でのお問い合わせ

img 0120-772-898 平日 10:00~19:00

無料相談はこちらから

お問い合わせ