個人・中小企業の事業主必見!
92%の利用者が即日審査通過。
国が推奨する負債にならない資金調達

2019年5月31日

経済の成長とともに問題視されている黒字・連鎖倒産。その問題の根幹は資金繰りの悪化、つまり、急な支出支払いサイトの長い取引先の存在です。

この状況を脱出する方法として経済産業省が推奨するなど、ネットでも注目を集めているファクタリングですが、その最大の特徴は節税対策などで赤字決算をしている会社でも利用出来る事です。

今回はファクタリングを新サービスとして提供した「個人事業主・中小企業」どんな業態でも簡単に資金調達ができるWEB完結調達額シミュレーター」を取材しました。

調達額シミュレーターを使った事例

Aさんの場合

建設業社長45才
建設会社社長・45歳

資金繰りが悪化した原因はなんですか?
もともと外注を多く使う業態を取っていたのですが、契約当初から問題のあった取引先からの入金が遅れ、突然、外注先への支払いや従業員の給与の支払いが難しくなりました。

ある調査では、資金繰り悪化の原因として52%の事業主が取引先からの入金に問題があるとした統計が出ています。

融資は考えなかったのですか?
税理士さんにも止められたのですが、支払いのために負債を増やすことはリスクだと考えました。
運転資金の問題は運転資金で解決すべき。資金の調達源泉は目的から選ぶ必要があるようです。
どうやって資金繰り悪化の状況を脱出したんですか?
調達額シミュレーターを使いました。ファクタリングの事は知っていたのですが、銀行系ファクターは大企業や上場企業しか扱っていません。ですから私のような中小企業は利用できませんでした。
ダメ元で試してみたら、確か申し込みから2日程度ですかね、支払いサイトの長い取引先の売掛金を売却して、現金を入手できました。
調達額シミュレーターを使うメリットはありましたか?
何よりもまず、忙しい業務に追われる営業中でも、オフィスから簡単に調達可能かどうかや調達額がわかることですね。
手続きもスムーズで、資金繰りにかけていた時間を本業に使うことができます。

過去平均買取額

実際に調達額シミュレーターを使うことでどのくらいの運転資金を確保できるのでしょうか。

過去の平均買い取り実績の情報を開示していただきました。

売掛金買取額平均買取率入金額
100万円93%930,000円
300万円94%2,820,000円
500万円95%4,750,000円
1,000万円96%9,600,000円

※資料:2018年度第1四半期の買い取り実績

買取額との差額は、「ファクタリング利用手数料として、入金時に割り引きをさせていただいている」とのことです。

しかし、手数料を考慮してもなおそれ相応の利点が、ファクタリングにはあります。

例えば、売掛金には未回収リスクが付いて回りますが、ファクタリングをすれば、このリスクはもちろん売掛金の管理や回収の手間さえなくなるのです。

調達額シミュレーター利用者1,000社突破

会社にとって常に資金は必要になります。この資金繰りに苦しんでいる事業主の方を助けたいと言う思いからできたサービス「調達額シミュレーター」。このサービスの利用者が2018年に1,000社を突破しました。

その絶大な人気の理由は【個人法人問わず・無料・簡単1分】で診断できるという手軽さにあります。
資金繰りの話って相談にしにくかったりしますが、絶対に解決しなければいけないですよね。そんな壁や問題をなくしたのが調達額シミュレーターなのかもしれません。

ただいま2人が診断を利用されています。